おくわき歯科医院モバイルサイト江東区木場

logo院内感染防止対策
スタンダードプレコーションズ

■安心して治療を受けられます

当院では皆さんが安心して治療を受けられるように、スタンダード・プリコーションズ(SP)という考え方のもと、あなたの治療に必要な器具、器機はすべてヨーロッパ規格準拠した「クラスB」プレポストバキューム式滅菌器EOG滅菌機(酸化エチレンガス滅菌機)で滅菌消毒しております。

■スタンダード・プリコーションズとは?

SPの概念は、
(1) 血液 (2) 目に見える血液を含むかどうかに関わらず、すべての体液、分泌物、排泄物 (3) 傷のある皮膚 (4) 粘膜 等、湿性生体物質をすべて感染陽性として扱うことです。
従来と大きく違うのは、医療行為前に感染症を確認するための検査は行わないこと、すべての患者に適応することです。
SPとは
1996年に米国疾患管理センター(CDC)によって「標準予防策」として提唱されました。その内容は、(1) 手洗い、(2) 手袋着用、(3) その他の防護具着用、(4) 針刺し事故対策 の4つに大きく分けられます。


●施設・住宅空間施工
:DEOFACTOR Casa

感染予防対策の一貫として、診療所内に、施設・住宅空間施工「DEOFACTOR Casa」を実施しました。この施工は抗ウイルス+制菌+消臭+抗カビ効果に効果を発揮します。
100%天然ミネラル無色無臭の液体を屋内に噴霧施工すると、成分である鉄・カリウム・アルミニウム・チタン・ゼオライトなどが空気中の酸素と水分に化学反応して菌やウイルスなどの有害物質を分解します。 
有害物質を分解した後は、再び酸素と水分に戻り空気中に還元されます。この触媒反応が『ミネラル酸素触媒』で、抗ウイルス・制菌効果を発揮してウイルスの分解を長期間持続します。
■写真は施工済認定ステッカー

deofactor-casa

●給水管路クリーンシステム

歯を削る時や患者さんのうがいなど、歯科診療に用いる水の衛生を重視し、診療台に「給水管路クリーンシステム」を設置しています。
診療台周辺の給水管路の内面に生じたバイオフィルムが細菌汚染の原因となり得るため、診療終了後に毎日、診療台内部にある給水管路を消毒薬で自動洗浄して、次の診療開始時までクリーン度を維持しています。

給水管路クリーンシステム

●滅菌バッグ

治療時に使用したグローブなど使い捨て出来るものはディスポーザブルとしますが、患者さんの口腔内に入る切削器具などの装置類はすべて患者さん毎に滅菌・消毒しています。滅菌状態を維持するために写真のように滅菌バッグに密封して次に使用するタイミングまで保管しています。
当院では診療台の数に比べてはるかに多いハンドピース器具類を用意しています。 器具類の滅菌処理には長い時間をかけることが有効なため、お一人の患者さんに使用してからすぐに滅菌処理をしても間に合わないケースが出てきます。
そこで診療予約制をとることによって、患者さんの待ち時間を減らすと同時に、患者さんが来院する前にその日の治療計画に必要な十分に滅菌された器具類だけをに用意することができます。

滅菌バッグのハンドピース

●オートクレーブ

熱に耐える金属製の歯科治療用器具は全て患者さんの診療ごとに高温蒸気滅菌装置で完全滅菌します。

オートクレーブ

●ガス滅菌装置

診療のために口腔内に入れる機器やツールの中で、高温で滅菌できない樹脂製品などはガス滅菌装置を用いて滅菌します。

ガス滅菌装置

●スリッパ殺菌

ヨ診療室内のクリーン度を確保しながら患者さんに快適な診療を受けて頂くために、殺菌したスリッパをご使用いただいております。
上のボタンを押すと、足元に殺菌済みのスリッパが出てきます。
お手数ですが、お帰りの際には上部のスロットにご使用後のスリッパを入れていただくと、殺菌が開始されます。

スリッパ殺菌


■診療時間表

診療時間表
●診療予約制です。
電話でご予約の上ご来院下さい。
(初診は随時受付けます。)

03-3642-5965



おくわき歯科医院
東京都江東区木場2-21-2
木場スカイハイム2F
Copyright © Okuwaki Dental Clinic
All Rights Reserved.