おくわき歯科医院Mobile site  江東区木場

logo診療案内

■診療内容の特徴

 「むし歯や歯周病で歯が悪くなったから治す」だけで終わるのではなく、美しい歯を取り戻して「心のかげり」を取り除くことによって、精神面でも健康を作ることが大切です。
特に前歯は美しさと機能性の両立が必須となります。現在の保険制度では適用出来ない治療法も含まれますので、自信の持てる笑顔のために最適な治療法を相談しましょう。


■ホワイトニング

歯を削らずに自然の歯の白さを簡単に安全な方法で取り戻す治療がホワイトニングです。
当院では歯科先進国アメリカ ウルトラデント社のホワイトニング剤「オパレッセンス」を使用しています。
その安全性と効果は、長年の大学の研究と臨床データをもとにFDA(米食品医薬局)、ADA(米歯科医師会)に認可されているもので、知覚過敏の方にも安心して使えます。

●オフィスホワイトニング

歯科医院での歯のクリーニングによって歯垢、歯石、着色を除去します。
エアフローという装置で水と超微細なパウダーをウォータースプレーで吹き付けて、歯の表面の汚れを取り除きます。タバコのヤニやコーヒー、紅茶、ワインなどの着色に効果的です。
次に漂白効果のある薬剤を白くしたい歯に塗布してからプラズマアーク照射器で光を照射して化学反応により白くします。
この装置は従来のハロゲン光より照射時間が大幅に短縮できますので、治療も楽になります。即効性があり、短時間で終了します。
歯1本から出来ます。

●ホームホワイトニング

歯科医院で歯の着色状況を確認後、歯のクリーニングを行ないます。
同時にお口に合わせた専用のマウスピース(薬品を入れるためトレイ)を作ります。
このマウスピースに歯科医師の指示に従って自宅で薬品を入れ、睡眠時など自分のペースに合わせて歯に装着し、歯を白くします。
この薬剤は粘度が高く、長時間効果が持続しますので、睡眠中に装着するのが最も効果的です。


マウスピース(薬を入れるトレイ)

■前歯の審美歯科治療

メタルボンドクラウン、オールセラミッククラウン、ポーセレンラミネートベニヤという治療は、むし歯、不正歯列、歯間離開、着色などにより、ホワイトニングではきれいにならない前歯の治療法として、極めて審美性と機能面で効果の高い方法です。
保険適用の「硬質レジン前装冠」と保険外自費治療を比較すると以下のようなメリットがあります。

前歯の審美治療比較

●ポーセレンラミネートベニア治療(自費)
虫歯の治療あとや事故、抗生物質による治療の影響、生まれつき歯が白くない、という場合は表面の着色ではなく、内側から変色しているため、ホワイトニングでは白くすることが困難です。このような場合にはポーセレンラミネートベニヤという治療法を用います。
付け爪のように前歯の表面に硬質セラミックのチップを接着する治療です。
歯の表面を0.5〜1ミリ削り、ラミネートベニヤを接着するので、麻酔も不要で短時間(2〜4回の通院)に自然な色調、光沢を持った前歯に修復することができます。磨耗、変色ががほとんどなく、長持ちします。歯の表面を削る必要がありますが、エナメル質の表面だけで歯へのダメージを最低限に抑えています。

ラミネートベニア


■奥歯の審美歯科治療

奥歯のかぶせものは、保険適用内では金属を使用した歯冠しか選択できないため、審美性を加味したセラミックスなどの素材を希望する場合は、高額な自由診療を選択する必要がありましたが、当院採用の「3Mダイレクトクラウン」は保険適用外の自費治療でありながら、安価に自然歯に近い外観の歯冠を用いることができます。
ダイレクトクラウンの大きな特徴は、「One Day トリートメント」。
従来のように歯型を取って歯科技工士に製作してもらう時間は不要。
ご来院いただいて用意された素材のクラウンから患者様に適したものを選択し、トリミング・成形して接着するまで、1日で治療が完了します。
素材は金属フリーですので、金属アレルギーなどの心配のある患者様にも安心して施術することが可能です。


■セラミックブリッジ

歯は抜けたまま放置すると両側の歯が抜けた空間の方向に傾き、歯並びや噛み合わせが悪くなります。
噛み合わせが悪いと歯茎に負担がかかって虫歯・歯周病の原因になります。
ブリッジブリッジは歯が抜けたり抜いてしまった場合に、抜けた歯の両側の歯を削って新しい人口歯を支えるための台座を形成してから新しい人口歯と両側の台座にかぶせるクラウンが一体となった歯を固定する治療です。
クラウンと新しい歯の材料をセラミックスにすると天然の歯と見分けが付かない審美的な修復ができます。
*ブリッジの留意点
▲抜けた歯の両側に支えにする歯が必要でその歯は健康な歯であるにもかかわらず削る必要があります。
▲支えになった歯や歯茎に大きな力がかかり、虫歯・歯周病にもなりやすいなど長期的に歯の健康に悪影響を与えることがあります。
▲ブリッジの歯は宙に浮いているので下部と歯肉の間に食べ物のかすが詰まったり、空気が漏れて発音に影響を与えることがあります。
インプラント治療はこれらの問題を大幅に改善することができます。


■バネのない入れ歯

従来の入れ歯は金属バネを用いて残っている健康な歯に固定する方式でした。
そのために口を開くとバネが見えて、入れ歯であることが分かってしまうことに抵抗感がありました。
バネで支えるために残っている歯への負担が大きことや、金属アレルギーがある方には使えないという問題もあります。

●バルプラスト入れ歯

:樹脂の弾性で固定する方式です。
バルプラストは人口歯を支える義歯床(土台)にスーパーポリアミドという弾力性の高い樹脂を用いて金属バネなしで固定するので残存歯にかかる負担が分散され、ガタつきが生じにくくなります。
以下のように実用性と審美性を兼ね備えた特徴があります。
1)薄い、軽い、強い。
2)金属バネがない。
3)素材が半透明なので本来の歯肉との境目が分かりにくい。

バルプラスト入れ歯

●マグフィット入れ歯

:磁石でピッタリ固定する方式です。
入れ歯に小型で強力な磁石を内蔵し、残っている自分の歯根には金属チップを植え込むことによって、磁力で入れ歯をガタつきなくしっかりと固定する新しい方式の入れ歯です。
金属バネによる固定方式では使っているうちにバネが変形して合わなくなったり、支えるための健康な歯への負担があり、また審美的にも問題がありました。
マグフィット入れ歯には以下のような特徴があります。
1)金属バネがないので、人に気づかれません。
2)構造がシンプルで洗浄しやすい。
3)健康な歯への負担がありません。
4)磁石の力でいつも常に正しい位置に簡単に装着できるので、口の中で動くこともなく、取り外しも簡単です。

マグフィット入れ歯

●コンフォート入れ歯

:良く噛め、痛まず、外れにくい固定方式です。
接着剤を一切使わずに下の写真のような柔らかい厚さ0.3mm〜1.5mmの生体用シリコーンと入れ歯のレジンを一体化するので、変質や劣化に強く、柔らかさが長期間持続します。これまでの軟性裏装材に比べて飛躍的に剥がれにくくなりました。
※コンフォートは今お使いの入れ歯にも加工できます。ただし、入れ歯の材質により適用できないものもあります。

コンフォート入れ歯


■予防歯科

毎日の歯磨きだけでは取り除けない歯垢(プラーク)を定期的に歯科医院でクリーニングすることによって、完全なお掃除とむし歯・歯周病の予防が出来ます。
当院では各種の装置を使って歯や歯周のクリーニングを行ない、更に虫歯になり易いか、なり難いかの検査や、患者さんに適した予防プログラムをご提案しております。
お口の中から全身の健康を保つことが出来るのです。

●PMTC 

プロフェショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略称で文字通り、プロが機械を使って歯のお掃除をします。
歯面だけでなく、歯の付け根まで掃除するので歯肉が引き締まり、歯周菌の侵入を防いで健康になります。さらにツルツルになった歯にフッ素を塗布し、口腔内の細菌の働きを抑制して酸が出来難くします。
プロセスは、
1) お口の中の状態の検査、
2) 歯石・歯垢の除去、
3) クリーニング、
4) フッ素塗布
*フッ素には歯のエナメル質に耐酸性の結晶(フルオロアパタイト)を生成させたり、ごく初期のむし歯を自然修復させる再石灰化を促進するとともに、お口の中の細菌の働きを抑制して酸が出来難くする働きがあります。


■歯周病治療

歯周病は歯と歯茎の境目付近に付着したプラークの中の細菌(歯周病菌)が内部に入って歯を支える組織を破壊して進行する疾患です。
むし歯と違って痛みがほとんどないままじわじわと進むため、歯肉からの出血のような自覚症状が出たときにはすでに歯を抜かざるを得ない段階にきているという例が多くあります。
ただし、初期に発見して治療すれば完治することが出来ます。
進行していても歯を抜かずに治療することが出来ます。
適切な処置とセルフケアで歯を守りましょう。

●歯周病初期の4大自覚症状は

・歯茎から出血する
==歯磨きやリンゴをかじると血が出る
・歯茎が腫れている
==歯茎が赤く腫れていて引き締まっていない
・なんとなく痛い
==どこか特定できない痛み、かゆみ、噛むと痛いことがある
・口臭がする
==食べたものに関係なく口臭が続く
--

初期なら完治するとはいえ、当院で理想とすることは、治療のために来院することより、予防のために半年に1回の定期健診を受けることです。
定期的にプラークが固まって出来る歯石を除去し、お口の健康チェックを受けましょう。

歯周病


■インプラント治療

インプラントは1本だけでも総入れ歯でも適用でき、従来のブリッジや入れ歯のように残っている健康な歯を削ったり、支えとして使用して負担をかけることがありません。

●当院のインプラントシステム

インプラントは、抜けた歯の代わりに人口歯根を埋め込んで歯槽骨と一体化させてから、人工歯根の上部にセラミックの人口歯をかぶせる治療法です。天然の歯と同様の機能と外観を再現できる理想的な治療法です。
人工歯根はチタン製で金属アレルギーの心配がほとんどありません。
インプラントは1本だけでも総入れ歯でも適用でき、従来のブリッジや入れ歯のように残っている健康な歯を削ったり、支えとして使用して負担をかけることがないことも大きなメリットです。
★当院では人工歯根と歯槽骨を一体化させる親和性が高く、信頼性と実績のある「3i」のシステムを採用しております。
治療のプロセス(一例)
1) 診査・診断
2) インプラント埋入前の処置
3) インプラント埋入手術
4) インプラントの頭出し手術
5) 上部構造(人口歯の部分)製作・取付け
6)メインテナンス
==インプラントや人口歯の寿命は半永久的ですが、天然歯と同様に歯やお口の衛生状態を正しく保てないと、歯周病になって抜け落ちてしまいます。
歯科医院による定期的なメインテナンス必要です。


■スポーツ歯科

●スポーツマウスガード

近年様々なスポーツにおいてけがの防止とパワーアップ、成績向上のために、マウスガードを着用することが推奨されています。
危険なスポーツの試合では装着を義務付けられているものも増えました。
当院では、様々なスポーツの目的に応じて最適化したオーダーメイドのマウスガードを製作いたします。

スポーツマウスガード
噛み合わせ調整用咬合器↓
噛み合わせ検査調整

マウスガードは製作の際に、噛み合わせを正しく調整しないと期待効果を発揮しないだけでなく、顎関節症などを起こす事例もあります。当院では特殊な装置により噛み合わせ調整を十分に行なってからお渡しします。

●アドバンスマウスガード

特にラグビーや格闘技などコンタクトスポーツにお勧めしています。
3重構造で前歯部の破折防止に威力を発揮します。

3重構造のマウスピース

●スポーツマウスガードの効果

・前方からの外力による前歯部の保護
・口唇、舌、頬粘膜への自分の歯による損傷の防止
・顎への下方からの外力で歯の接触による衝撃力の減少
・顎関節の保護
・脳や頚椎への衝撃力の減少
・瞬発力、集中力、安定性を高めパフォーマンスの向上
・心理的効果によるプレーヘの積極性の向上
・自分だけでなく接触した相手を傷つけない


■診療時間表

診療時間表
●診療予約制です。
電話でご予約の上ご来院下さい。
(初診は随時受付けます。)

03-3642-5965



おくわき歯科医院
東京都江東区木場2-21-2
木場スカイハイム2F
Copyright © Okuwaki Dental Clinic
All Rights Reserved.